日々の小さな徒然を書き留めています。

ふたりの暮らし

 
この記事を書いている人 - WRITER -

6月最後の一日。

気の早い壁のカレンダーが7月に変わっていた。

 

夫が休みの日は一緒に朝食を摂る。

コーヒーを入れパンを焼き、

ヨーグルトに自家製のぐみジャムと大粒のブルーベリー4個をトッピング。

玉ねぎとシーチキンの簡単サラダを添えて、

朝刊を広げながらゆるりとコーヒーを飲む。

週末のお決まりの朝食風景だ。

 

土曜日だが、わたしは仕事に出かける。

とはいえ4時間だけの勤務なので昼過ぎには帰ってくる。

始めたばかりのパートは色々と覚えることがあり大変だが、

勤務時間だけをとってみれば、出勤したかと思えばあっという間に帰る時間になっているし

休憩時間もないので拘束時間はまるまる4時間だけ。

はっきり言って、給料の面を度外視すれば非常に楽な働き方だ。

 

ここ数年は、フルタイムで働き、特に前職は夜勤ありの過酷さだったので、

余計に今の環境をありがたいと思うかもしれない。

 

 

まずは10日間が過ぎた。

家を出るタイミング、制服に着替え仕事に入るまでの時間等、

毎日の生活リズムが少しずつ出来てきた。

閉め日は15日なので後半月働けば7月の末には初めての給与が入る。

 

 

4人の子を育て、家のローンを終え、

定年後の夫婦二人の生活と老後の為にと全力で貯蓄に励む夫の、

わずかばかりでも手助けになりたい。

まだ大分先なのに楽しみが半端ない。

 

夫が定年を迎えるまで後2年弱だが、それまではわたしも頑張ろうと思ってはいるが、

果たして何度「ばかやろう」と叫ぶだろうか。

 

 

ブログ村ランキングに参加しています。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ささやかな暮らしへ にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ

 

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© 風の色 , 2018 All Rights Reserved.