思い出にリンク

   

穏やかに夜が明けた。

夜勤入りの日なのでゆっくり朝寝坊もできるのに、いつにも増して早起きしてしまった。

梅雨の真っ最中だが今日は晴れている。

 

昨日、仕事から帰ると家の前に女の子が1人しゃがんでいた。

毎度の事だが、住んでいる家の軒下には野菜を植え、そこかしこに花鉢も並べている。

時々アゲハやミツバチが跳んできては戯れている。

ほのぼのとした風景に心癒される。

 

その子は、足元に虫取り網を放り出してかごの中を熱心に見ていた。

つられ覗いてみると、モンシロチョウが入っていた。

 

「ちょうちょ?」

と声をかけると

「うん」

と返事をしてくれた。

幼稚園生ぐらい?、近所の子だろうか。

見入っていたかごの中には、モンシロチョウと一緒に花びらや葉っぱが入っていた。

蝶のおやつにと思って摘んでいれたのだろう。

 

「よかったね」

とだけ声をかけて、いつもはかかさずにする水遣りをせずに部屋に入った。

 

遠い昔、一番上の娘がこれぐらいの年齢の頃。

お友達とままごとをしていた。

お料理だといって沢山の花を摘み細かくちぎって盛り付けて。

おいしそうな出来栄えに惚れ惚れだったかどうかは知らないが。

 

花の出所は住人が大切に育てていた季節の花々。

聞けばままごとの為に摘んだだけではなくて、

明日には咲くかと楽しみにしていたキキョウのつぼみのふくらみをも

ぱちんぱちんとつぶして遊んでいたとも言う。

 

これには参った。

「大事なお花を申しわけありません」と謝りに行ったが、

子供にしてみれば、道端の花も花壇の花もそんなに区別の付くものでもないのは明らか。

 

モンシロチョウの為に、女の子が入れてあげていたのはペンタスの花だった。

先日買ってきてまだポット苗のまま置いてあったものだ。

 

丸い赤い花とモンシロチョウが、

何気に遠い昔の思い出とリンクした。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ささやかな暮らしへ にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ

 

 

 - 風のガーデン