日々の小さな徒然を書き留めています。

光と影

 
この記事を書いている人 - WRITER -

さくらの花が咲き始めた頃、

ホームセンターで苗を3本買い、西日しか当たらない軒下の小さな花壇に植えた。

どっさり収穫というわけにはいかないが、育てる楽しみも食べる楽しみも沢山与えてもらっている。

大切な野菜だ。

 

たとえばなす。

全部が全部ぴかぴかの紫色になるわけではない。

日陰のなすは、色のりの悪く、こんなのが出来てしまう。


なすというよりはきゅうりかといいたくなる色合いだ。

なすの紫色はお日様の力なのだ。

ピーマンの緑もトマトの赤も日が当たってこその色が生まれる。

色の素は間違いなくお日様だ。

 

 

世間はお盆休みに入っている人も多いのだろう。

高速道路は渋滞何十キロと毎度お決まりの混雑振りで

海外脱出組が何万人だと詳細なデーターを用いてのニュースは賑やかだ。

それに比例するように職場は忙しくなった。

 

置いてけぼり感満載のお年よりは、ここがどこか知らず、ごね、帰らせてを連発。

自分の家が一番。

それは万民共通であればあるほど、お年寄りの身体を預かる者としては切なくなる。

 

丁寧に説明を受け納得してきたのだろうが・・・

1分前に話したことを忘れる。

同じ事を何度も言う。

リピーター機能のきっちり付いたオーディオ機器のように。

仕事ゆえにと割り切って、根気よく対応も出来るが家族なら・・・

複雑な思いがよぎる。

 

一筋縄ではいかない高齢社会の現実が、べったりと横たわっている。

長寿国日本は、今こんな国なんだ。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ささやかな暮らしへ にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© 風の色 , 2017 All Rights Reserved.