働けばいいだけの話

   

ブログの更新が少し空いてしまった。

どうにもこうにも疲れが取れなくて、時間があればすぐに横になってしまう自堕落な生活をしていた。

仕事に影響が出るのを最小限度にしなければいけない。

給料を頂いている以上最優先課題だ。

 

残暑厳しい毎日が続いているし、部屋にはエアコンを効かせ、

体調管理も仕事のうちだとはよくきく台詞でその通り、

ぐうたらも仕事のうちだと割り切った。

ようやくましになった感じだ。

 

わたしの仕事は介護職、パートで働いている。

そのパートの雇用期間の契約が9月の30日で切れる。

入社してひと月の研修期間を経て半年毎の更新だ。

何事もなければこのまま雇用継続になるはずだ。

管理職からは「契約更新の面談をします」といわれたが、現場が忙しくてまだ実現していない。

 

100パーセント現状維持で更新だろうが、

この間のような辛い夜勤が何度も重なって大丈夫だろうか。

ついそんな事を考えてしまう。

体力が持ちそうにないなあとか弱気というか逃げ腰。

身体の回復力がもう30代40代とは比べ物にならないのは明らか。

 

首と腰の痛みがじんわりとまずい。

 

悩みつつも来月から半年頑張った褒美の有給が付くのも捨てがたい等と

どうしようもない事をぐだぐだと考えている陳腐さだ。

笑ってしまう。

 

働けばいいのだ。

最低でも1年は頑張ろうよわたし。

ここしか仕事がないと思えば天国だろうが。

休日の今日、出来上がったばかりの9月のシフト表を眺めながら、

トロンとそんなことを思っていた。

 

ところが、なんと、

9月は一日から夜勤を含んだ5連勤務、8月も30日31日後二日は出勤だ。

月をまたぐとは言え恐怖の7連勤ではないか。

わたし体力無いわ。

9月半ばで田舎に帰るのに4連休を申請していた反動にしてはひどい組み方ではないか。

 

明日、さりげなく抗議しよう。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ささやかな暮らしへ にほんブログ村 シニア日記ブログ 50歳代へ

*************************************
スポンサーリンク

 

 - 50代からの生き方