コメントをいただきました。

   

コメントを頂きました。

つたないわたしのブログに寄せてくださったコメント。

ほんとにありがたく嬉しく拝見しました。

 

以下、全文です。

コメントは控えようと思いながら又お邪魔します。ショートスティのお年寄りの心境、他人事ではなく拝見しました。

母も今年は2回利用して、更に11月にはまた15日間の入居を予定してます。同居の妹が海外旅行に行く為です。私は今年は体調がすぐれず今までのように泊まり込んでの世話が出来ない状態なのです。 

5月に8日間入った時は一度面会に行くのがやっとでした。突然行ったので母はビックリ!大喜びでした。

お世話して下さるスタッフさんが淋しい気持ちを理解しつい泣いてしまった、等とは家族に取ってどれほどありがたい事でしょう。それだけ本人に寄り添っていて下さると言う事ですものね。
介護のマニュアルからはずれているかどうかより、その優しさが一番大切と思います。

年取った親を預かって貰うにはその時々の事情があり、面会もままならない時があります。スタッフさんが涙してくれる様な優しい方たちと思うと本当に安心します。どうか自信を持ってお仕事を続けて下さいね。色んな思いを拝見しながら私もいつも共感し、応援してます。

 

一緒に暮らしていても離れて暮らしていても親と子。

年代が近ければ親の世代も同じようになるのですね。

なにかあってもすぐに駆けつけられない苦悩も痛いほどわかります。

わたしも田舎に年老いた車椅子生活の母親がいます

母親は、毎日ディサービスやディケアに通い、

そこの職員さんがとても良くしてくれると喜んでいます。

それを聞くと感謝で一杯になります。

 

自分の出来ない事をほかの誰かがしてくれている。

それなら、わたしに出来る事は・・・そんなことを考えます。

職場で接するお年寄りの背中にいつも母親や亡くなった父親がいます。

 

寄せてくださったコメントを拝読しながら、

介護というのに仕事として向き合う以外の別のわたしを見てくださったような気がして、

勝手に胸が熱くなりました。

ほんとに同じなんだなあと・・・

毎度くじけたり愚痴ったりのわたし、頑張るエネルギーをまた頂きました。

そのエネルギーをフル活用して今日も行ってきます。

 

コメントくださった方へ

ブログ記事本文にコメントを引用させていただきました。

事後報告になりますがご了承くださいますようお願いします。

 

 

ここ最近のひんやりした空気にコスモスの苗が勢いよく伸び始めました。

夏が通り過ぎまた季節が巡ります。

今年の秋は駆け足らしいです。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ささやかな暮らしへ にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ

 - 日々の想い