わたしは、いつまで頑張れるか

   

台風が迫っているようには思えない朝。

昨夜は、あんなに激しい風雨だったのに、今朝は風もなく雨も降っていない。

拍子抜けしてしまった。

それでもやれやれと一安心。

今日は夕方から夜勤だ。

どうやって出勤しようかと心配しての昨晩だっただけに気持ちが軽くなった。

 

一緒に仕事をしてきた新入社員が9月一杯で退職するという。

「淋しくなる」

という話を二言三言交した。

その方曰く。

代わりの人がきつい人だったりしたら、わたしの事が心配だという。

はっ?どうして?

そうか。

心弱い人に見られている。

強い人間ではないけれど、そんなに弱くも無いわと自分では思っていたのだけれど。

人は、見た目が9割だというから第三者から見た感じでほぼ合っているのかもしれない。

 

ほんわか、柔らかいと言えば聞こえは良いが、

ひょろひょろでふあふあ、柳のように風に揺られて右左右・・・

この柳の葉っぱというもの、風に千切れないように木にしがみついている。

意外にしぶとい。

思ったより根性あるじゃん。

なんて具合になりたいと頑張っているがさてどうだろうか。

世の中、なりたい自分にはなかなかなれないのもほんと。

 

この会社に入社して7ヶ月目。

一人去り、二人去り・・・

じわりじわりとメンバーが代わっていく。

わたしは、いつまで頑張れるか。

それもまた興味津々だと別のわたしが言う。

 

「無理をするな」

となぜか息子まで天邪鬼なわたしを心配する。

 

 

 

ご訪問ありがとうございます。

ブログ村ランキングに参加しています。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ささやかな暮らしへ にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ

 - 日々の想い