JALカードを申し込んだ。

   

一晩ぐっすり寝て頭痛もなくなりすこぶる快調だ。

身体が元気だと気持ちも前向きになる。

 

タイトルの通り。

クレジットカードの話。

先日JALカードを申し込んだ。

 

 

昔から基本現金主義でクレジットカードはあまり好きではなかったのに、

今頃またどうしてよとなるのも当たり前だが・・・。

 

クレジットカードを日常的に利用するようになったのは4,5年前ぐらいからだ。

さかのぼれば、当時のわたしには定まった収入がなく、

貯金も尽き手元の現金は絶対的に足りなかった。

自己責任の範ちゅうといえばそうなのだが、色々とどうにもならない事情を抱えていた。

あろうことかクレジットカードに付随したキャッシングは無くてはならない存在だった。

 

 

あれから時は流れわたしの生活は随分と変化した。

50代の女が薄い壁の2万円のワンルームを借りて一人暮らしをし、

アルバイトをしたりパートをしたりで糧を得てきた。

お金に余裕は無かったけれど、カードでお金を借りるという行為は絶対にしなかった。

 

 

 

当時使っていたカードは切り捨てるように全て解約し、

唯一残したのがキャッシング機能が付いていないDCカード1枚だけ。

 

 

今はスマホ料金、ネットでの支払い、日々の買い物の半分ぐらいをこのDCカード決済にしている。

使用限度額は30万円。

ひと月の使用金額はスマホ料金も合わせておおよそ毎月5万円弱だ。

今の生活、カードは一枚あればよい。充分だ。

そして使った金額は必ずその月で精算。

翌月に支払いを残したりしない。

5万円の支払い限度額を超えた場合はATMで繰上げ返済を行っている。

 

そんなわたしが、JALカードを申し込んだ。

何ヶ月か悩んだが、今回田舎に帰り台風に追われるように戻ってきて、

またすぐに帰りたくなってしまった。

母親の年齢か里心か・・・で決心が固まった。

 

「ポイントを効率よくマイルにして貯めよう」

「母親に会いに、島の風に会いに田舎に帰る回数を増やしたい」

 

日々の生活でマイルが貯まっていけば、ふるさとの距離が近くなるような気がしてきたのだ。

いや、必ず近くなるはずだ。

「マイルがあるから帰ろう」と。

ほんとに単純な理由で自分の中の言い訳かもしれないけれど、それでいい。

 

 

 

こうなったら夜勤時の夜食のヨーグルト1個もカード決済にするぞ。

と入らぬ意気込みも出てきたりした。

 

50代

パート介護士

勤務歴 半年

年収 約200万円

借入金 ゼロ

配偶者 有

以上の属性でどんな内容のカードが届くのか少し楽しみではある。

 

***

ご訪問ありがとうございます。

ブログ村ランキングに参加しています。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ささやかな暮らしへ にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ

 - お金の事