日々の小さな徒然を書き留めています。

タイトルは無し

 
この記事を書いている人 - WRITER -

気が付いていないわけでは無かったけれど、知らん振りしていた。

ホウセンカにへばりついて、葉っぱをわしわしと食べている幼虫を。

 

この花を好んでくる派手な虫。

1本は仕方ない。進呈しようよ。

そのうちにいなくなるだろうから。

 

実は、触りたくないが本音。

 

しかし、昨日仕事から帰ってさて水をやろうか見たところ、2本目も丸坊主、なんと3本目も・・・

たった一日でしかも、びっくりするぐらい大きく丸々と成長していた。

このままだとホウセンカの花が咲く前に、全部食べつくされてしまうかもしれない。

危ない、やっつけなければ。

 

しかし、こんな大きな物体どうやって?

想像するだけで気持ち悪くなってきた。

植物を育てて楽しんでいるのだから、

虫が格段に苦手ではないが、流石にこの大きさには負けてしまう。

 

 

ぼやぼやしている時間はもうなかった。

 

そんなんで、今朝実行。

割り箸でぐにゃりとしたものを挟み取り、

箸の先は見ないようにして、家の近くの空き地までひと走り。

ぽいっと草の茂みに置いてきた。

インパチェンスにももう1匹生息していたのでそれを2往復。

出勤途中らしき自転車に乗った人が怪訝な顔で通り過ぎて行った。

 

結果、無事に鉢の中から消えていただいた。

 

いくらホウセンカ大好きな幼虫でも、まさか道を横断してまでは帰ってこないだろう。

 

***

ご訪問ありがとうございます。

ブログ村ランキングに参加しています。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ささやかな暮らしへ にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ

 

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© 風の色 , 2017 All Rights Reserved.