日々の小さな徒然を書き留めています。

ほうせんか事情

 
この記事を書いている人 - WRITER -

ガの幼虫に危うく食い尽くされそうになったほうせんか。

寸でのとこで難を逃れた株に蕾が付き花が咲いた。

八重咲きの濃い紫の花びらにほっと一安心。

苗を分けてくださった方にもなんとか顔向けができそうだ。

 

軒下の小さなガーデンは、秋茄子を3個実らせた。

今だ勢いの衰えないピーマンは週末帰って来た一人暮らしの娘がごそっと持ち帰った。

スーパーで買えば一袋いくらもしないピーマンだ。

それを大事に持ち帰るこの子の経済観念を嬉しく思った。

 

水をかけるのもやっとの多忙の中で、季節は秋のガーデニングシーズン。

マイガーデンはまだ夏の装いで、ビオラを2株植え替えるのがやっと。

時間ばかりがどんどん過ぎ季節に追いつけないでいる。

そんなわたしの事情を知っているのだろうか。

 

 

夏を惜しむように咲き続けるアプリコット色のポーチュラカ。

 

二代目ペチュニアはさらに純白の衣装で、

 

 

葉だけは秋色だけどトレニアもしぶとく咲く。

整理するのはまだまだ先でいいよと

夏の花達はみんな待っていてくれる。

 

今日は、早出、これから出勤だ。

がんばろう。

 

 

 

ブログ村ランキングに参加しています。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ささやかな暮らしへ にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ
この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© 風の色 , 2017 All Rights Reserved.