日々の小さな徒然を書き留めています。

専業主婦になる?

 
この記事を書いている人 - WRITER -

公休と有給消化期間。

田舎から帰って来てからは、近所のスーパーへ買い物に行く以外は家の中ですごしている。

時々求人広告に目がいったりはするが、本格的に仕事探しはしていない。

 

介護施設に働いている時は、これまたシフトで勤務している夫とはすれ違いが多かった。

今は大分解消された。

お弁当も毎日作れるし、一緒に食事をする時間も出来た。

夫婦二人の生活なので夫を送り出した後は自由時間を満喫。

専業主婦の特権をフル活用しているといったところだ。

 

反面、元来ぐうたらな性格がむっくりと起き出してだらだら・・・

どうしようもなくまずい状態になりつつある。

このままだと体重はあっという間に増えてしまって、

動きも鈍くなり益々外に出るのが億劫になってきて、終いには・・・

何とかしなければという緊張が突然と湧きだしたのが昨日の事。

 

さて、何からしようか。

思いついたのが・・・

押入れを引っ張り出して、壁を拭いて、昨年末に出来なかった大掃除。

家中をぴかぴかにしようではないかと始めたが半日で挫折。

急に朝から晩まで掃除ばかりもしていられない。

ゆるりとすることにしよう。

 

 

次に浮かんだのはお金の事だ。

わたし達夫婦は財布は別だ。

お互いの給与はそれぞれが管理している。

わたしは、日常生活に必要な食費雑費等を負担し、電気、ガス料金はわたし名義のクレジット決済にしている。

家族の大きな行事や冠婚葬祭、老後の貯蓄は夫に任せている。

 

 

パートとはいえフルタイム夜勤ありの仕事をしていたので、

月々の給与は17~18万円振り込まれていた。

家賃負担がなかったので毎月数万円が残っていった。

仕事を辞めてしまった今後は、それが無くなるわけだ。

特に贅沢をしているつもりはなかったが、かといって節約しているかというと否だ。

 

夫に「生活費を・・・」とはとても言えない。

ねだるのは簡単だがそんなことはしたくない。というかできない。

ブランクがあった故の事情かもしれないなあと思いながらも、

馬鹿な遠慮と要らぬプライドが頭を持ち上げている。

 

給与が振り込まれている通帳をまじまじと眺めた。

定額貯金 40万円

普通預金 406,319円

合計   80万余

1年間一生懸命に働いた結果の残高、多いのか少ないのかよくわからないが、

無職が続けば数ヵ月後にはゼロになっているだろう。

 

ひと月10,000円というテレビ番組を思い出した。

あんなに難しいのは無理だが、ほんのちょっとでいい。

これでどれだけ頑張れるか。

仕事に追われ時間に追われていた日常の中で、

ゆるゆるになってしまっていた財布のひもを今再び絞めなおし、

新米主婦にでもなったつもりでやりくりに頑張ろう。

なんか小さな目標が出来たみたいな気がしてわくわくしてきた。

 

 

 

ブログ村ランキングに参加しています。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ささやかな暮らしへ にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ
この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© 風の色 , 2018 All Rights Reserved.