日々の小さな徒然を書き留めています。

案ずるより生むが易し

 
この記事を書いている人 - WRITER -

この世の中、

求めていれば全部ではなくても何かしら与えられるものだと思っていた。

こちらが与えれば同じものか、それ以上の物が返ってくる。

また、それを要求するのが普通の感情だと。

右手に握っているビー玉上げるから、左のぽっけに入っているおはじき頂戴・・・みたいな。

 

キリスト教は「求めよ、さらば与えられん」というし、逆に仏教は「足るを知れ」という。

どっちもなるほどと思うしどっちも正しいのだろう。

だけど、有るもので満足せよというのは、ある意味消極的で逃げのように感じていた。

でも、違うらしい。

 

本当の強さや忍耐、積極性まで「足るを知る」の中に潜んでいるのかもしれないと

最近は思うようになってきた。

わたしは、日本人なので、キリスト教よりは仏教の方が身近なだけかもしれない。

どっちにしろ、わたしに一番足りないもの「足るを知る」

まさしくそれなんだろう。

悔しいけれどほんとにそれに尽きる気がする。

 

奥が深すぎてちょっとやそっとの灯りでは、

今のわたしがいくら手をのばしても届かないのは見えみえなのに、

時間があるばかりにこんなことを、延々と考えている。

 

実はわたし、昨年の9月から「西国33箇所札所巡り」を始めている。

5箇所回っただけで、仕事が忙しくなり休日に外出がままならなくなって、

中断したまま一冬が過ぎていこうとしている。

 

西国33箇所を満願成就した後・・・いつになるかわからないけれど、

四国88箇所霊場巡りのお遍路に行くのもいいなあと思っている。

88箇所全部で1400キロメートル。

一日20キロぐらい歩いて70日程で完走できる計算になるが・・・。

四国は、3年間住んでいたので思いいれもたっぷりある。

 

人生を100年と想定した場合。

今折り返しを半分と少し過ぎたところだ。

過ぎてきた半分と同じ時がこの先に待っているのかと思うと、

元気でばかりいるとも限らず不安になってくるが、それはそれ・・・。

 

「案ずるより生むが易し」となんだかよくわからない締めでおゆるしを。

 

 

 

ブログ村ランキングに参加しています。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ささやかな暮らしへ にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© 風の色 , 2018 All Rights Reserved.