気持ちよりも先に身体に悲鳴が出るなんて

   

朝起きて朝食を済ませブログ記事を書く。
その後、9時頃から通常の家事を進めつつ片付けを始める。
時々休みも入れ、食事やおやつタイムも。
夫が泊まり勤務の時は夕食後も少し片付けをし、最後にお風呂に入り休む。
そんな繰り返しの日が続いている。
 
 
分類して片付けたものには、事細かくラベルをつけている。
格好は悪いが大きな文字でくっきりと、遠めにもよく見えるように書いている。
 
一度取り出し再度しまったのに、その端から何が入っていたか忘れて、
もう一度引っ張り出す失態を何度もしてしまうからだ。
記憶力はやっぱり緩やかに低下中で、
こんな所にも微妙に影響しているのかと残念に思う事しばしば。
 
ラベル貼り付けは、子供達のものをかなり動かしているので、
家に帰ってきた時にどこに何が入ってるのか、すぐにわかるようにと思ったからだ。
「あれどこにやった?」
と聞かれても絶対に答えられない。
 
 
 
 
大型の粗大ゴミの回収を自治体に頼んだ。
有料だが民間に頼めば万単位のお金がかかる。
今回は、食器棚、たんす等4点で2000円かかった。
 
一気に片付けたい衝動に駆られながらも、分解できるものはこまめに分解して、
普段の回収にできるようにしている。
「わたしには時間がある」
合言葉であったのだが・・・
 
高いところ、例えば押入れの戸袋などは椅子に乗っての物の出し入れになるのだけど、
疲れてきたみたいだ。
だんだんと力が入らなくなっている。
片付け当初は、簡単に届いていた場所に手が届かなくなっている。
おかしい。急に背が縮むわけも無いのに・・・。
 
それに身体のあちらこちらがかなり痛み出している。
もう少しだからと気持ちふるいたたせているものの、
夕べは、椅子から落ちてしまった。
足首を少しだけ捻った以外は大丈夫と一人で苦笑い。
 
折りたたみの丸い椅子を使っているので、少々不安定さは感じていたが、
まさか落ちるとは思わなかったので、がっかりした。
家1軒丸ごと引越しかというぐらいの勢いで片付けは進んでいるはず。
それなのに、気持ちよりも先に身体に悲鳴が出るなんて、想定外の出来事だった。
 
はあ、若くない。
でも、こんな作業でも、今だからまだ頑張って出来ているわけだし、
これが例えば10年後に同じ事が出来るかというと全く無理だろう。
 
今でよかったのかもしれない。
それとこの季節で。
真夏なら汗ぼとぼとですぐにへばっていただろうから。
 
 
それそれの部屋を片づけしては掃除機をかける。
隅っこにたまった埃を掃除機で吸い取るエンドレスのような作業だ
 
しかも、その度に頭の中でキャンディズが登場し、
 
♪雪が溶けて 川になって流れていきます
つくしのこが恥ずかしそうに~
 
♪もうすぐは~るですね。
 
と声高らかに歌いだすのだ。
もう少しだ。
頑張ろう。
 
 
卒業、就職、入学、世の中人生の節目がいっぱいの
春まっさかり。
 
 
 
 
ブログ村ランキングに参加しています。
応援していただける励みになります。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ささやかな暮らしへ にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ
 

 - 日々の想い