日々の小さな徒然を書き留めています。

後悔先に立たず、だからの後悔だけど

 
この記事を書いている人 - WRITER -
4月13日の金曜日だ。
 
だからどうなのという理由も説明もあまり詳しくは知りたくないのが本音で、
いつものふつうの金曜日だ。
 
義父母からの不動産所有権移転問題。
一週間、あちこち走り回って昨日でようやく一段落といったところだ。
 
祖父母実方の出生地に謄本とり寄せの手配を済ませ、
登記申請書やそれに付随する書類の作成の下書きを済ませた。
 
これでいいのかどうかはまた別問題で、
ひとまず今出来ることを仕上げた開放感にほっとしている。
 
先日、本籍地のある役所に出向いた際、夫の実家まで足を伸ばし、
雑多な鉢類の片付けをしてきた。
 
芽がでているであろうとカサブランカが見当たらなかった。
ひょろっとしたゆりの芽がでているだけで、ちょっと引っ張ったらすぐに抜けた。
 
鉢をひっくり返し、さぞや大きなゆり根が埋まっていると想像していたが、
親指大の球根が2個出てきただけだった。
 
いくつものからからな鉢の土の中から、球根類が沢山出てきた。
すいせん、フリジャーの類かと思われたが、球根だけ見てもわからないものが沢山あった。
 
力芝の中に埋まっていたねぎは、根っこを引き抜くのがたいそうな作業で、
さすが力芝だと感心しかりで綱引き状態で頑張った。
 
一応この春静かに咲いていたさくらそう。
既に枯れていたが、これも引き抜いてきた。
そう・・・こぼれ種を期待して。
 
散々悩んで今回持ち帰った鉢は、菊と同居したミニバラだ。
 
だいぶぼろぼろで葉っぱは病気にかかっていたが・・・。
 
 
 
 
つぼみがついていたのだ。

なのに、あろうことか持ち帰る途中で折れてしまっていた。
ショック。
 
 
 
 
でも、元気に花首をもちあげているので、
もしかしたら、このまま咲いてくれるかもしれないとあきらめていない。
 
 
それにしても暖かくなったからだろう。
行くたびに鉢の花が消えている。
前回、切り戻してきた大輪形のバラと月下美人、しゃくやくも枯れていた。
何が植えられていたのかわからないものも多かった。
枯れていく勢いが、半端ないスピードになっていくのには驚くばかりだ。
 
 
それにしても、傍で面倒見てくれる人が居なければ、花は枯れていく。
最初はじわじわと・・・・
ある日を境に一気に加速して。
 
わんちゃんやねこちゃんのように、
持ち主がいなくなっても急を要するものではないから、
気にかける度合いも少ないだろう。
 
この家に住む娘もまるで関心がない。
 
地植えにされているアルストルメリアは蕾を付け、
真っ白いカラーが咲いているのが、なんとなく救いのような気がした。
 
もっと早いうちにレンタカーを頼んででも、運んでもらえばよかったかと後悔した。
 
後悔先に立たず
だからの後悔だけれど。
 
 
 
ブログ村ランキングに参加しています。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ささやかな暮らしへ にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ
この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© 風の色 , 2018 All Rights Reserved.