日々の小さな徒然を書き留めています。

赤いゆめ

 
この記事を書いている人 - WRITER -
夫が、出先で新鮮な竹の子を2本買ってきてくれた。
農家さん直販だから安い。
 
手にとるとずっしりと重く、ほかほかと暖い。
竹の子は凄いスピードで呼吸をしているという。
なるほど、そんな感じだ。
鮮度が命だといわんばかりに深い呼吸をしているのが伝わる。
 
 
竹の子ご飯食べたいねえ。
でもね、値下げ品でも1本598円もするんじゃ手がでませんね。
 
それを5回は話しただろう。
そしてそしてようやく我が家にも竹の子がやってきた。
 
 
新鮮な竹の子はすっと包丁が入る。
やわらかだ。
大なべに糠をいれて湯がき、一晩そのまま寝てもらう。
翌日さらに柔らかくなった竹の子がきれいな水の中で泳ぐ。
それだけなのに、

すごくりっぱな料理をしている気がして嬉しくなるから不思議だ。

二人で食べるには多いかなの3合の竹の子ご飯をつくったのがゆうべ
少々味が薄かったが、全く問題なし。
今日は、竹の子のてんぷらにでもしようかなと思案中だ。
 
 
義父母の実方に郵送で頼んでいた書類が届いた。
もう一方は明日にも届くと思う。
そうなると、またあちこち走り回らなければいけないだろう。
その前にちょっと行きたい所があった。
 
自転車でどれぐらい走っただろうか。
家を出たときは曇っていたのに、途中から日が出てきた。
そうなると、この季節のひざしだ。日焼けが気になる。
帽子をかぶってくればよかったと後悔するあた50半り、50半ば過ぎでもまだ乙女の部分が残っている。
 
 
汗かきかき、走って走って・・・ようやく視界が開けた。
流れる河が見える。
パノラマの風景が広がった。
 
土手の上を自転車で走りながら・・・
麦藁帽子でもかぶっていれば、青春ドラマの一こまみたいだが、
時々荷台に土をくくりつけ走る50おばさんでは話しにならないなあと苦笑いした。
 
思ったとおり景色はよかった。
土手に茂った草の緑色や紫色の花に癒され、やっぱり、菜の花が満開だった。
遠目の河川敷の黄色い花の帯は、まるで天然の五線譜のように春を奏でていた。
 
春の小川は~
なんて聞こえてきそうであったが、実際は
残念ながら昨日の雨の影響で流れが早く、しかも濁流だったのでそれはなし。
 
自転車を土手の上に停め下まで降りて見れば、
ギシギシが、巨人の国の草のような大きさでいばっていた。
とりまく草も青々としてどれも栄養満点で、丸一日お日様の恵みを受け
羨ましいほどの元気さだった。
 
わたしの家の半日日陰で暮らす花や、ベランダの野菜達に分けてもらいたい恵みであった。
でも、それはそれ。
君はそこ
わたしはここ。
 
この場所こそが自分で選んだ場所で一番の特等席。
草も花も野菜もみんなちゃんと知っているんだろうから、
余計なお世話である事は間違いなかった。。
 
我が家のベランダで芽をだしたミニトマト大事に育てよう。
いつにも増してそんな事を思った。
 
 
 
 
****
コメントありがとうございます。
嬉しく拝見しました。
 
楓様、まりんママ様
いつも気にかけてくださりありがとうございます。
 
だばんだ様
はじめまして。
よろしくおねがいします。
ロウバイ楽しみですね。
 
 
 それでは、今日も一日良い日でありますように。
 
 
 
ブログ村ランキングに参加しています。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ささやかな暮らしへ にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ
 
この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© 風の色 , 2018 All Rights Reserved.