日々の小さな徒然を書き留めています。

人間同士なら典型的な押しかけ女房

 
この記事を書いている人 - WRITER -

料理は、あまり得意ではないが結構真面目に作る。

安くて美味しいものをと思い、一番安価な鶏肉を好んで使う。

鶏肉の中でも胸肉はさらに安い。

 

まるごとゆで火が通ればそのまま冷まし、

湯であがった胸肉は包丁を使わずに裂きサラダのトッピングに使う。

ハムよりも断然美味しいし沢山食べられる。

節約料理にうってつけでお気にいりだ。

 

さて、夫が出張の日のひとり晩御飯。

冷凍ご飯を取り出してレンジでチン。

昨日のゆで鶏のスープに塩だけで味付けしチンしたご飯を入れる。

溶き卵を落としとろけるチーズを乗せて特性リゾットの完成。

鶏だしの濃厚さが癖になりそう。

 

節約料理といえば、節約になっているのかどうかはなはだ疑問だが、

2階のベランダと軒下で育てているソメイヨシノの咲く時期に植えた夏野菜達が

3ヶ月経って少しずつ収穫できるようになってきた。

なんせ、目標は目指せ夏野菜の自給自足と大げさなもの。

 

しかし、スーパーに行けば1袋100円にも満たない立派な野菜が売られていて、

ショックをうけたりするが、わたしの野菜達を他と比較してはいけない。

この環境で、このにわか主の下でよく頑張っていると思う。

はつか大根は種まきした翌日に芽をだし3日目には双葉を開いた。

間引きして、綺麗に洗い水にさらすとピンピンとさらに元気になる。

スライスした玉ねぎと一緒に散らして食べた。

100パーセント地産地消の無農薬栽培だ。

 

週末に帰ってきていた娘にピーマンとしし唐を収穫して持たせたのが1週間前だった。

ちょっと寂しい枝ぶりになっていたが、すぐに復活してどんどん実をつけてくれる。

毎日大小のナス1本、ピーマン2個3個、しし唐1本をちまちまと収穫して食卓に乗せる。

 

それがまた面白くて大事な日課になっている。

 

さらに猫の額ほどの軒下の花壇すいかまで植えてしまって・・・

 

それが12日に初めて雌花が咲いて、小玉すいかの赤ちゃんが生まれた。

無事に育つかどうか毎日心配で目が離せない。

 

そんなんでかける愛情も半端ではなく、

人間同士なら典型的な押しかけ女房だ。

ちょっとはほっといてくれと、そっぽを向かれてしまいそうだ。

 

 

 

ブログ村ランキングに参加しています。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ささやかな暮らしへ にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ
この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© 風の色 , 2018 All Rights Reserved.