日々の小さな徒然を書き留めています。

クリスマスイブ、ジングルベルは聞こえないけれど・・・

2017/03/18
 
この記事を書いている人 - WRITER -

 

クリスマスイブの日、

小さなクリスマスケーキでも買おうかと思った。

でも、クリスマスイブに一人でケーキを食べてはいけない。

どこかでそんなことを聞いた気がするから買うのをやめた。

 

そのかわりと言っては何だが手紙を書こうか。

昨日の私宛か、明日の私宛か・・・

自分以外に、手紙を送る人がいない現実に少々へこむ気はしたが、、

それは、決して淋しいという感情ではない。

 

チョコレートをコーティングしたアーモンドを美味しいと思う。

ちょこの力ではなくてアーモンドが抜群に美味しいからだ。 

だから、下手に着飾った鏡の前の自分を見るのはいい加減うんざりする。

全然似合わないし・・・

いつになったら、私はほんとはこうなんですよと自信をもてるのだろうか。

宴の後のけだるさからは、もう卒業したい。

 

それに比べて、この部屋の空間の暖かさはどうよ。

四角いLDKだけど、部屋の隅々まで、空気はまるく柔らかで角がない。

 

寝転んでばかりでも、髪振り乱してのねぼけまなこでも全然大丈夫。

時々、知ったかぶりで世の中批判しては、捻じ曲がった根性で自分勝手なへりくつを

まくし立ててもそこにある特殊なものが、全て綺麗に納めてくれる。

 

それは、世界でただひとつのオーダーメイドのフィルターで、

それを手に入れた人を、きっと「幸せな人」というのだろう。

 

追いかけてもかなわない夢を見続けるよりも、

与えられたカードで生き抜くしなやかさを、身につけられたら最強だ。

 

今夜はクリスマスイブ

ジングルベルは聞こえないけれど、

波の調べが、私に一晩中クリスマスソングを奏でてくれるに違いない。

 

メリークリスマス♪

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ささやかな暮らしへ にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ
 

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© 風の色 , 2016 All Rights Reserved.