2016年一年間ありがとう

      2017/03/18

 

ほぼ毎日更新していた前ブログを閉じ、新たにここで小さな息を吹き返したマイブログ。

マイペースの更新ながらも、細々と続けてひと月が過ぎている。

 

 

明日から2017年が始まる。

だからといって特に変わった一日になるとは思えないが、

やっぱり今日は今年最後の一日だ。

今年の書き納めをしようとパソコンを立ち上げた。

 

昨日から年末年始の休みに入っている。

昨年の年末年始はまるまる仕事だった。

その前の年末はお節の盛り付けのアルバイトをしていた。

 

今年はカレンダー通りに休みだ。

朝寝坊をしても誰にも迷惑をかけないのだから、のんびりしておけばよいものを、

今朝は午前三時半に目が覚めた。

早すぎと思ったが、前の日は八時過ぎには布団に入っているので、

いくら早起きしても睡眠不足にはならない。

 

早起きすると一日がう~んと長く感じる。

でもって、得した気分になるのは根っからの貧乏性だからだろう。

 

 

 

冷え性対策だと生姜をごしごしすりおろし、

紅茶のティパックをぶらんと入れ、最高に沸騰させたお湯を注ぐ。

一連の動作も時間に余裕があれば、流れるようにこなせるから不思議だ。

熱々の生姜紅茶をすすりながら、

きっちりと閉めた窓ガラスの遠くが、薄ら明るくなるのを時間を気にもせずに眺めた。

これは休みならではの幸せ感だとまともな事を頭が考えていた。

 

誤解を招くのを承知で言わせてもらえば、

泣きたい事があっても、つらいことがあっても、昨日よりも今日が一番幸せで、

今日より幸せな明日はやってこないと思っている。

少し古いが、「今でしょう」ののりかもしれない。

 

明日、何か特別なことができるほど私は上等に出来ていない。

できることなんて、笑っちゃうほどに限られてる。

 

大空を羽ばたいている鳥もいれば、枝から枝へちょこちょこまたぐように飛ぶ小鳥もいる。

飛べない鳥だっている。

だけど、あれもそれも、

みんな鳥、鳥、鳥・・・・

 

咲かない花には咲かない訳がきっとあるのだし。

日陰で咲く花の気持ちを知っているかもしれない。

そう思うと、

こんな生き方だけど、まんざらでもない気がしてくるから不思議だ。

 

2016年一年間ありがとう。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ささやかな暮らしへ にほんブログ村 シニア日記ブログ 50歳代へ

*************************************
スポンサーリンク

 - 日々の想い