日々の小さなできごとを切り取って書き留めています。

にんじん、にんじんと呼んでみる。

 
この記事を書いている人 - WRITER -

ベランダで育てている「にんじん」

ますます元気に青々としてきた。

根元をいつもチェックする。

期待はしてないつもりでも気にはなる。

今朝も覗き込んだ。

葉や茎の緑でもなく、茶色の土の色でもない色の根っこがちらりと見えた。

もしかしたら「にんじん」が育ってきているのでは。

わくわくしてきた。

 

だけど、生憎、土の中は見えない。

見えないと見たくてたまらなくなる。

混みあっているからねと間引きを言い訳に一本引き抜いてみた。

あらまあ、なんと可愛い。

「にんじん」とは呼ぶにはあまりにもきゃしゃだ。

でも、一応一人前に「にんじん」だった。

 

これは本格的に間引きをしてやらなければいけない。

ご本人達は、これからしっかり「にんじん」になる気満々らしいから応援しなければ。

7本を引っこ抜いた。

まだ淡いオレンジ色からスラリと伸びた長い根っこ。

これがどんどん太ってあの円錐形の「にんじん」に成長するのだ。

 

さてさてお味はどうだろうか。

水でじゃぶじゃぶ洗いぱくっと食べてみた。

「ああ~にんじんだ。でも甘い」

びっくりするぐらいフルーティだった。

大感激して夫にも食べさせた。

食べ物は何でも美味しいという夫の味覚はあまり信用できないが、

これだけは絶対に甘いといって間違いない。

 

伸びた葉っぱも柔らかそうだ。

うさぎにもなった気分でこれもぱくり。

ところがかじってみたら、これは硬くて筋っぽくて駄目。

しかし、捨てるのはもったいないし、香りもいいのでパセリの代わりにしましょうよと

細かく刻んで冷凍した。

 

小指の爪の先ほどの「にんじん」は、

夕食のサラダのトッピングにしてあっという間にお腹に納まった。

お腹の足しになったかどうかは、この際全く気にしない事にした。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ささやかな暮らしへ にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ









 

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© 風の色 , 2019 All Rights Reserved.