ほぼ引きこもりのより所

真夜中に目が覚めた。

眠れなくなった。

起き上がり、カーテンの隙間から外を見た。

静かだった。

鉢植えのびわの木やなんかもそんなに動いていない。

台風の目にでも入ったのだろうかと思いテレビをつけた。

ニュースを流していた。

 

台風は四国と九州の間を西よりに北上しており、

15日には西日本を縦断して日本海に抜ける予想らしい。

 

夫はやはり泊まり込みで、帰宅しなかった。

昨日は一日中部屋の中に居て、

牛乳を切らしていたが、コンビニに行こうという気も起こらず・・・

当たり前だが誰とも話をしていない。

こんな日が数日続けば、傍目にはりっぱな引きこもり状態だ。

 

パソコンを立ち上げて、キーボードを指一本でたたく。

 

他愛無い事を短く書き込んで、

更新ボタンでも押そうかという段階。

不思議と誰かとコーヒー一杯分の会話が成立したような気分になった。

その誰かは、影法師のように寄り添いわたしの傍にいる気配をかもしだす。

 

頭の中に昼間に読んだ本の一節がなぜだかぽんと浮かんだ。

「生きることは権利ではなくて義務なのよ」・・・「三浦綾子366のことば」

 

午前三時。

真夜中は通り過ぎ、夜明けの方が近い。

朝がくる。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ささやかな暮らしへ にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ