わくわくの瞬間

紫陽花の花が終わり、ひまわりが小さな蕾をつけた7月の始まり。

5月の中ごろ一様に咲き終わったはずのアマリリスにつぼみがついた。

気が付いたのは5日程前。

そういえば花が咲かなかった株がいくつかあった。

たくさん株があるので、ひとつふたつ咲かなくても気にならなかったが、

まさか7月になって花を咲かせようとするとは。

思いがけない贈り物を受け取った気分で、気持ちがハイになった。

花が咲いたらさぞや夫はびっくりするだろうと、何日間は内緒にしていたが、

我慢できずに昨日しゃべってしまった。

 

このアマリリス達。

亡き義母宅から持ち帰ってきたものだ。

義母はアマリリスがことのほかお気に入りで沢山育てていた。

亡くなる間際には、親しい人にプレゼントもしていたようだ。

 

わたしは、球根だけばらして持ち帰ったり、つぼみの付いたのは一鉢ずつ持って帰ってきたり・・・

何回通ったか、もう忘れてしまった。

球根がぎっしりと詰まっていたのは、全部植え替えた。

いまや大小様々な株が、アマリリスだけでなんと28株もある大所帯だ。

 

梅雨明けもしていないのに連日の強烈な日差し。

アマリリスは軒下の狭き場所でミニトマトと横並びに置いてある。

アマリリスのつぼみが赤く熟れ始めた果実を見上げている。

なにやら話しかけているようにも見える。

収穫頃のミニトマトだ。

ひとつつまんでぱくりとしようかと思ったが、

アマリリスが咲くまで少し待つことにした。

 

ラベンダーの隣でもひとつ。

あの鉢もこの鉢も早く咲かないかと待つこの瞬間。

わくわくする。

芋ほり遠足前の子供みたいだ。

 

ブログ村ランキングに参加しています。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ささやかな暮らしへ にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ