わたしが思うキャシュレスの落とし穴

昨日の暑さには参った。

今年の秋は いったいどこでみちくさをくっているのだろう。

探しに行きたい気分の一日だった。

 

10月1日、昨日から消費税が上がった。

出勤し更衣室で着替えている時も、パートさんの会話はそれ一色だった。

ドラックストアの込み具合が半端ではなかったようだ。

わたしはというと、

下着類の買いだめでもしようかと思っているうちに、結局なんにも買わなかった。

通勤に使っている定期券も半年分まとめて購入してあり、

期間が来年の1月9日まであるので特に問題ない。

 

気になるのは最寄り駅の自転車置き場が、

10円値あがりして110円になった事である。

これなんかまるまる10パーセントの値上げになるからかなり痛い。

通勤手段は電車だが、駅までは自転車を使っているので駐輪所の費用は全額自己負担。

涼しくなって仕事帰りに買い物する予定がない日は、自転車を止めて歩きにしようかと検討中だ。

 

今回の消費税の増税は軽減税率を採用しており、

単純に言えば外食嗜好品以外の食料品関係は8パーセントのまま、

それ以外が10パーセントになった。

・・・・と理解している。

 

一気に全ての増税ではないので、その辺はありがたい。

しかし、これは国の財政状態を改善する為には絶対必要だと理解しているが、

かえるのぬるま湯状態であるのもまた間違いない。

 

いつかは必ず全ての物に10パーセントの消費税がかかるわけで、

これから、年金生活に突入しようとする身には厳しい。

しかも、キャシュレスだポイント還元だといっても要するにお金を使ってもらいたいのだ。

経済を回転させる処置でもある。

 

経済的にゆとりがあれば上手に使ってのメリットは多々あろう。

しかし、老後を節約しつつ暮らそうというわたし達のような人にとっては、

現金を手元に持たずに買い物が出来る世の中は、便利だけどある意味危険だ。

持っている以上に買っていいのだという指令が勝手に脳に行く気がしてならない。

それはあなただけだと言われそうだが、

こういう誘惑からも我が身をしっかり守っていかなければいけないと

ペイペイ決済だなんだかんだとのお得感満載の店内を見て思った。

 

必要なものを必要な時に必要なだけ買う。

わたしには、まだまだ実行できていないし、批判は有るかもしれないが、

お金は、入ってくる以上に使ってしまってはいけないは真理だ。

薄っぺらな知識のわたしにとっては、

先々の行く末を思うと、これが一番堅実なような気がする。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ささやかな暮らしへ にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ