日々の小さなできごとを切り取って書き留めています。

ミスした事ありますか

 
この記事を書いている人 - WRITER -

仕事を終えて更衣室で着替えていた。

わたしは1時が仕事の終了時間だ。

同じ部門に勤めていても勤務時間帯によっては全く顔を合わせない人も居る反面、

他部門でも顔見知りになるケースがある。

 

その日は、ベーカリーのパートさんと一緒になった。

いつもにこにこと挨拶してくれる40代後半の色白の女性だ。

どうも元気もない。

具合でも悪いのだろうかと思った。

 

案の定、彼女が言った。

「ミスした事ありますか。例えば売価表示のミスとか」

突然の問いかけにびっくりしたが、元気のない理由がわかった。

「あるある。ロボットじゃないんだから失敗もするよ」

「わたしなんかしょちゅうだわ」

と多少誇張気味に言った。

すると彼女、突然泣き出すではないか。

女の涙に弱いのは何も男性だけではない。

一回りも年下の可愛らしいパートさんに泣かれてわたしはおろおろ・・・

どうやら売価プリンターラベルの貼り間違いをしてしまったよう。

「最近ミスが多すぎる。気が緩んでいるわ。気をつけてよ」

と、同僚のパートさんに言われたのが追い討ちになったようだ。

 

明らかに自分のミスであっても

上司や社員さんに注意されるのは素直に聞き入れられるのに、

力関係の同じようなパートからだと受け入れがたいもの。

気持ちがよくわかった。

「大丈夫大丈夫。今度から気をつければいいんだから。

それに、そのパートさん、自分は失敗したことないのかしらねえ」

と指摘したパートさんをちくりと悪者にして慰めムード全開。

 

きっとこういうことってどこの部門でも日常茶飯事的に起こっているんだろうなあ。

利害関係のない他部門だからこそ、こんな感じに自分の弱みを見せられるかもしれない。

ひとしきり涙して落ち着いた頃合で、

「またね」「お疲れ様」の言葉を交し更衣室を後にした。

 

その後、可愛らしいパートさんとは何度か会っているが、

にこにこと元気そうにしているので安堵している。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ささやかな暮らしへ にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ









 

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© 風の色 , 2019 All Rights Reserved.