一生すきな事

パプリカが好きだ。

あの色艶にあの華やかさ。

ピーマンの何倍も大きい圧倒的な質感。

スーパーの野菜コーナーでは赤やオレンジや黄色の衣装で女王のようにつんとすましている。

 

そのパプリカ、購入したものを食べて種をとりだめ元で植えてみた。

しっかりと芽が出てこんな具合に育っている。

これは8月2日の画像だ。

買ってきたのと同じような実がつくかどうかはかなり怪しいが、

芽を出したものは一応なんでも育ててみようは、わたしのこだわりのひとつ。

 

吹けば飛ぶような小さな一粒がこんな姿になっていくのだ。

それを眺めているだけでも進化を制覇した気分に浸れる。

大げさで飛躍しすぎだと笑ってくだされ。

わたしも笑った。

 

そのパプリカ。

今では、高さは25センチぐらいまで育ち、黒ポットの中は限界だと訴えていた。

そろそろ定植してやらなければなあと思っていた矢先に例の骨折で延び延びになってしまった。

それを、今日やっとプランターに植え替えた。

 

車のない我が家のガレージは、わたしのガーデニング作業場と化している。

そこで、腰を曲げずるずりとプランターを引きずって右往左往する50女。

決して格好はのよいものではない。

しかも、片手での作業は子供の砂遊びと一緒だ。

なかなか思うように進まないし、汗だらだらでやたら疲れる。

 

ところが・・・

水を得たなんやらの心境でそれが楽しい事。

にわか試験勉強の何倍も生き生きるんるん。

植え替えたのはパプリカ1株とししとう1株(こぼれ種から)と、

マリーゴールド2株だけだったが満足満足。

ほどよく水分を含んだ土がさらさらと気持ち良かった。

 

午後からは昼寝をした。

しかも、2時間以上も。

流石に寝すぎだし。

 

ベランダのなすが2回目の給水が遅いと怒っていた。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ささやかな暮らしへ にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ