日々の小さなできごとを切り取って書き留めています。

安上がりな女

 
この記事を書いている人 - WRITER -

朝起きるといつも外に出て花や野菜を見る。

収穫できそうなものはちょんちょんと収穫する。

野菜は朝早く収穫すると一番美味しい。

スーパーで販売している野菜や果物でも朝採りは頭1つ抜け出て価格も高い。

となると少しでも美味しい方がいいに決まっている。

で、わたしも真似をしているというわけだ。

この野菜達、

弁当作りの材料にも大活躍だ。

プランターの小さなスペースから、

日々自然の恩恵が受けられるのはありがたい。

 

収穫したら、毎日夫に見せて自慢する。

夫は「すごいじゃん」と言い、ふんふんと頷いてくれるが、

多分、半分以上は右から左に抜けているとみている。

しかし、それは大して問題ではない。

嬉しい事は誰かに伝えて倍増した気分に浸りたいだけ。

 

ある休日、夫がわたしに言った。

「お前は安上がりな嫁だ」

突然と何を言い出す。

しかも、安上がりだとは聞き捨てならない。

一瞬、むっとした。

 

「どうせ安上がりな女ですよ」

憮然としながらもその理由を聞いてみた。

すると、

「休みの日でもどこかへ連れて行けといわないし、外食しようとも言わない」

「服は子供達のお古、高い化粧品を使っているようにもみえない」

「花さえいじらせていたらニコニコと機嫌がいい」

「今更ながらほんと、安上がりな奴だと思うよ」

としみじみというではないか。

 

言ってくれる。

だけど、当たっている。

99パーセントその通りだ。

 

たしかに、高価な服やバッグは要らない。

何より似合わないから。

ショッピングモールの人ごみの中より植物園とか動物園とかの方が落ち着く。

たまの旅行はいいけれど頻繁に出かけようとは思わない。

高い化粧品は・・・欲しいけど元が取れない。

 

幸せというのは形も色も人それぞれ・・・。

お金をかけるのがいいとは限らない。

安上がりな嫁だという表現はいただけないが、夫はそういうことが言いたかったんだろう。

おっしゃるとおり、わたしはここに根を張って、るんるんと安上がりに暮らす。

 

やっと延びてきたガーベラのシミ1つない黄色の花びらが、

うんうんと頷いている気がした。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ささやかな暮らしへ にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ







この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© 風の色 , 2019 All Rights Reserved.