最後の連絡

ラインブロックをされたその後、彼女とは全く連絡がなくなった。

それはそれで受け入れられるようになったものの、

何かの拍子に??という思いは今だに湧いてくる。

案外しつこい性格だ。

 

仲良く日常をつらつらとしゃべりあっていた頃・・

ほぼ聞き役専門ではあったが。

彼女からのお願い事が1つあって、その情報が手に入ったのでそれを伝えようと思った。

向こうから理由も告げずに連絡を断ってしまっての今だから、

別にこちらからわざわざ連絡する義理はないが、一方的な不義理もひと月も経てば、

許せる範疇まで気も静まってきているのも事実だった。

 

もしかしたらわたしの全く意図せぬ言動で彼女を傷つけてしまっていたなら、

謝りたいし誤解を解きたいという思いもあった。

 

しかし、流石に電話をかける気にもならず、ショートメールを使い

「ご無沙汰です。ラインがブロックされているようなのでこちらで・・・」

と以下連絡事項を伝えた。

彼女の反応如何では、何か事の真相が明らかになるやもしれない的な気持ちがあった。

すると、程なく

「連絡ありがとう」

という言葉に続き、「もう必要ない」という内容の返信がたった2行できた。

ラインブロックの件には一切触れてなかった。

相手がどんな気持ちでこの言葉を送っているのか、

暖かい気持ちなのか、冷たい気持ちなのか・・・

スマホの小さな画面の機械的な文字の羅列が呼吸するようにわたしに伝えた。

今回は後者だった。

 

終わったと思った。

なにかが壊れたのだ。

 

そして確信した。

わたしが原因ではないと。

彼女が自分で叩き壊している。

 

毎日かかってくる電話。

山のようなライン。

確かに時間は取られたが、わたしも聞いてもらえた事も沢山あった。

お互い様の気持ちもいっぱいあった。

彼女の激しい性格は淋しさの裏返しだとわかっていた。

だけどもうわたしは不必要の烙印が押された。

彼女には、その全てを受け止めてくれる他の何かが見つかったのだろう。

 

もうこちらから連絡する事は二度とない。

本人には言えないけれど、ここで・・・

「ありがとう。さようなら」

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ささやかな暮らしへ にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ