記念日を忘れた

2017年6月 わたし達夫婦は人生二度目の婚姻届を役所に提出した。

その時の事を「家族に戻りたい」というタイトルでブログに書き記している。

再出発の節目のできごとだったので、忘れるわけがないと思っていたのに、

何ということかカレンダーは7月になってしまっていた。

さらに、正確には6月の何日だったのか。

まるで思い出せない。

 

その事を夫に話した。

「2回目の結婚記念日がいつの間にか過ぎてしまっているよ」

「6月の何日だったっけ?」

「最初の時の事はしっかり覚えているのに変だな」

 

すると夫は

「年を取ると、最近の事は忘れて昔の事ばかり覚えているらしいからな」

いやいや・・・そういう問題ではないような気がするけど。

「で、あなたは覚えているの?」

「戸籍謄本見ればわかるんじゃない」

なんだ、夫も忘れているではないか。

まあ、二人とも若くないし似た者というのも確かだ。

 

恥ずかしながら同じ人同士での結婚記念日が、

2回もあること自体がどうよみたいな感じだから、

最初の時だけを正確に覚えていれば良いということにした。

 

7月も中旬に入る。

梅雨らしい湿度の高い曇天が続いている。

あじさいの葉っぱに黒い斑点が出てきた。

秋色あじさいに・・なんて思っていたが、やっぱり剪定してやった方がよさそうだ。

何事にも「その時」というどんぴしゃな時期があるものだ。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ささやかな暮らしへ にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ