やるしかない

 

今日は33日。

今年は桃の花も梅の花も見ていないことに今更ながら気が付いた。

仕事が終わったら帰りに桃の花の一枝でも買い求めようかな。

そんな気分のひなまつりの朝だ。

 

1日から仕事が始まり昨日は研修2日目。

リフト車の操作を教えてもらった。

車は、勿論ぴかぴかの新車。

大型車、小型車2種類の車がある。

エンジンをかけずに車にさわるとピコピコセキュリティ。

これはお年寄りの命を預かる大切なもの。

心して操作方法を教えてもらった。

 

一通り指導官の説明が終わって実際にやってみたい人と言われ、

無い勇気をだして手を挙げた。

こういう場で遠慮していてはいけない。

頭よりも身体を使わないと身につかない年齢だ。

1つひとつ手順を思い出しながら操作の練習をした。

何回か注意を受けたがそれも大事な経験だ。

 

小型車も同様に練習。

こちらは、車椅子に乗る側操作する側と2通りを全員体験した。

現場では車椅子で通所するパターンがどれぐらいあるのだろうか。

 

ここの現場がどうなるかはわからないので、

とにかく必要な情報、技術は聞き漏らさないようにしなければいけない。

わたしは必死だ。

 

ただ車の運転だけは無理。

ましてや、人を乗せて走るのは全くの想定外のペーパードライバーだ。

そのことは、面接の時もはっきり伝えてあった。

かくかくしかじかと話してようやく

「どうしても無理だという方は相談します」

やれやれだ。

車の運転が絶対条件なら、ここをやめる選択をしなければいけない。

いまさらそれはない。

 

今日は研修3日目だ。

毎日いろいろある。

今日もきっと何かが待っているだろう。

 

わたしはまだ現場をしらない。

出来なくて当たり前。

それで恥をかいてもいい。

実際に利用者さんと相対するまでにかくだけの恥をかこう。

ひっこんでいては駄目だ。

前にでよう。

そうしなければ力はつかない。

 

やるしかないと決めたのだから。

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ささやかな暮らしへ にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ