日々の小さなできごとを切り取って書き留めています。

花の水平線

2018/08/25
 
この記事を書いている人 - WRITER -

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ささやかな暮らしへ にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ









この記事を書いている人 - WRITER -

Comment

  1.   楓 より:

    綱渡りのような忙しい夏が終わりかけています。晩夏と呼ぶ季節でしょうか。昼間はまだ蝉もかしましくしているけれど、夜は秋の虫が涼やかに鳴き出しました。

    mimaminokazeさん ほんとにとんだハプニングで心身が辛いことでしたね。でもギブスが取れただけでも良かった。長引く人は痒みが尋常じゃないそうです。

    ご家族の皆さんが良く協力して下さって、一人じゃないって素晴らしいわね。何とか切り抜けられそうですね。

     明日はいよいよ試験日ですか。まるで薬剤師さんの試験のようでびっくりしました。
    頭に入らないのも当然ですよ! 良く受験をする気になったとそれだけですごい、誉めてあげたい思いでいっぱいです。

     夏休み、中2の孫が10日近くもいました。息子宅に行ったり またこちらに皆で来たり、私はもう必死でおさんどんに明け暮れました。
     息子が新しいカードゲームを買い みんなでやったのです。私はむろんパスでしたが。そういうものが好きで強いはずの主人が全く勝てない。
     孫はすらすらと理解して難なく勝って行くのです。

    何回も首をひねってへんだ、へんだを連発する主人が可笑しいやら気の毒やら(笑)
     もうね、頭が固くなって入る余地がないのよ、若い子は幾らでも吸収出来るの、と話しましたよ。

     だから、明日は覚えた事だけしっかり記述して来て下さいね。難しい事に挑戦して勉強した事こそが素晴らしいことと思います。

    受かったらご主人からのご褒美も楽しみ。私も楽しみに結果を待ちます。

    こちらはお盆のお客さま等も無事に終わり、ようやく日常に戻ったと思いきや、息子の愛猫が重い病気にかかりました。先日も数日ともに過ごしたばかり。
     まだ1歳になったばかりです。ネコウィルスが血管に入り内蔵が次々に炎症を起こす不治の病と言われたそうです。

    余りに突然の事で涙が止まりません。会いに来てやって欲しいとの事で、明日主人と行って来ます。
    動物も大切な家族とつくづく思います。

     minaminokazeさん どうぞ落ち着いて頑張ってね! フレーフレー!

    最後になりましたが、お返事をありがとうございました。

  2. より:

    初めて携帯から投稿しています。

    以前のガラケーは全くダメだったけど、今のはガラホと言うのでしょうか。
    ブログを読めて投稿も出来そうです。

    辛い治療でしたね。こちらまで切なくて顔をしかめながら読みました。

    東日本大震災のすぐ後、妹が振り向きざまに物に当たり手を着きました。
    腫れて来て痛みがある、と母から電話があり時間外でしたが主人の運転で近くの総合病院に連れて行きました。

    やはり手首の骨折でした。長い間不自由してたけど当時は母がまだ家事が出来ていたので幸いでした。

    真夏のギブスは辛いわね。でも必ず治りますからね。
    急がず、くさらず、休養して下さい。
    お勉強に精を出す?!

    孫とのんびりしてます。明日でかける支度も出来、でも沢山の冷凍した生物が途中で溶けてしまわないか心配です。

    夜は外食なので昨日までの忙しさから解放され久しぶりに気持ちものんびりです。

    送信出来るでしょうか?

    • minaminokaze より:

      楓さん
      コメントありがとうございます。

      毎日暑いですね。
      今ごろは、お孫さんと一緒に息子さんのお宅に向う道中でしょうか。
      猛暑なので大変でしょうが息子さんやお孫さんに手料理を振舞っての子孝行もまた楽しみですね。

      ご多忙な一週間。
      頑張ってください。

      わたしはというと、腕の骨折でまいりました。
      まさかのまさかでしたが、やはり若くないのです。
      無理はできません。

      パートも休みで時間ばかりが出来てしまいましたが、
      できることをじっくりとこなしていきたいと思っています。

      楓さんのお母様のお話、お元気だと伺うとほんとに嬉しくなります。

  3. より:

    ご無沙汰してます。コメントしようと毎日思っているのですが、ホームへの母の面会と家事だけでぐったりです。

    毎日うだるような暑さ、ちょっと油断すると何があるか分からないと外出も気を張ってます。母はスタッフさんに大事に見て頂いてますが、やはり行って介助したり歌を歌ったり持参のおやつを食べたり、そんな時間を大切に日を送っています。

     minaminokazeさんの資格試験、頑張って!とエールを送りましょうと思っている内に今日はとんでもない記事が! 何て事かしらね。
    本当にとっさの動きで何があるか分からない、私など階段も動作も意識してゆっくり、大丈夫、と自分に声がけしながらです。

     暑い中本当に災難でしたね。右手が利くだけまだ何とかなるでしょうか? 

    試験の事もあり気が急くと思います。なるようになる、とちょっと楽に考えて今は大事にして下さいね。
     
     こちらは明日孫が来てその後私も一緒に息子宅に行きます。数日食事作りなど手伝って帰宅。すぐに大阪からのお客さまを迎えます。

    今日は一日中大掃除や買い物に追われました。しばらく母の事は免除して貰い、孫、子孝行です。
     
     お宅ももうじきお嬢さんのお引越しですか? ほんとに気持ちがいっぱいいっぱいになってしまうわね。でも、とにかくケガを治さないとね。

     無理しない、と自分に言い聞かせ養生して下さい。

     私は明日から一週間余り、体力気力を養いつつ頑張ります。

  4. まりんママ より:

    心に伝わる応援をありがとうございます。もったいないくらいです。
    ハンカチちゃんと受け取りました。
    そのハンカチで涙を拭いて、息子の前では明るく元気に声をかけようと思います。
    大きなひまわりの写真もうれしい。
    パワーがあります!
    ありがとうございます。

  5.   楓 より:

    今 まりんママさんの投稿を拝見、私もお話を伺いメールの文字に目を疑いました。

     本当に人生には信じられない事が起こりますね。実は私も大変な体験があり、まりんママさんの事が全く他人事ではないのです。

    その話し等をしながらメールをやり取りしています。経験した者は多少なりとも共感できるかと、ほんの少しでも心に寄り添いお話し相手になれればと思っています。

     minaminokazeさんの言葉もとても嬉しかったと思います。こうして気持ちを聞いてくれる人がいるだけで救われる事ってほんとにありますね。

     日常を共にする友だちではなくても解り合える友人はいますよね。私もひまわりブログのお陰でお二人に出会え、自分では大切な友人のつもりでいます。

     こうして心の内を話せるって、やっぱり大事なおともだち!

    まりんママさん 大丈夫! 何時でもお話ししましょう。本当に良い方向に向かうこと、心から願っています。

  6. まりんママ より:

    お返事ありがとうございます。
    聞いていただけるだけで私は満足だったのに、優しい言葉をありがとうございます。
    「生きた心地がしない」というのをこのひと月体感しました。
    私も主人もどちらかというと娘を溺愛し、息子には厳しく接してきました。そしてあまり仲の良くなかった主人と息子でした。
    今回そんな主人が頭を抱えて泣く姿を初めて見ました。お風呂場から息子の名前を呼ぶ主人の声も聞こえました。主人なりに息子に対する想いを認識したのでしょう。私も「息子にあんな事を言わなければ良かった」「キツい態度を取ってしまった」反省の連続です。でも、ありがたいことに命はつながりました。まだ意識が無くても息子の身体は温かいです。これから息子に「大好きだよ」と言って親の愛情でフワッと包んであげることができます。

    主治医からは半年や一年という長い時間が必要になるかもしれないと言われました。本当は明日にでも笑ってお母さんと呼んでほしいのですが、家族としてこれからを一緒に生きて行くために私も頑張ろうと思います。

    つらつらと私ゴトですみませんでした。

  7. まりんママ より:

    お仕事とお花や野菜のお世話、充実していてステキだと思います。好きな事は何時間でもできますよね。
    娘さんが帰って来られるとのこと。いいではないですか! まあ洗濯物が増えおかずを作る量も増えるでしょうが。賑やかになってまた新たな発見あるかもですよ。

    以前はたくさん友達欲しかったけど、人生で本当に友達と呼べる人には限りがあると思っています。私もこちらから切った人もいるし親友だと思っていた人に手痛い仕打ちを受けた事もあります。
    全部まとめて人生の学び?
    私や楓さんは、少なくともminaminokazeさんの友達と思っているんてすけど。私たちではダメかな?

    • minaminokaze より:

      すこし遠い同社他店のスーパーへ自転車を走らせて偵察がてら買い物に行ってきました。
      PCを立ち上げブログの管理画面を開き、まりんママさんからのコメントを拝見し、驚き頭が真っ白になりました。

      まりんママさんや楓さんは、パソコンの画面越しではあっていつも応援いただいている大切なお二人です。
      リアルでのお付き合いがあるわけでもないのに、確かに分かり合えているという実感さえある不思議な関係だなあと思っています。

      でも、まさかそんな大変な出来事がまりんママさんの息子さんに起こっていたとは。
      このひと月間まりんママさんはどんな気持ちでいたのか、想像するだけで涙が溢れてきます。

      もう・・・
      わたしの事なんか心配している場合でもないのに、
      ほんとに、ごめんなさいね。

      まりんママさん
      愚痴なんかではありません。
      それを愚痴なんてそんな一言で済ませられない。
      息子さんへの愛情です。
      強い強い愛がいろんな感情を揺さぶっているのだからお金の心配も未来の不安も当然沸いてくるのだと思います。

      まりんママさんが今どんな気持ちで毎日過ごされているのか、気持ちがわかりますとは
      簡単にはいえないし、どんな言葉をかけたらいいのか正直わからない。
      歯がゆいものです。

      息子さんを信じて元気になる日はきっときます。

      応援しています。
      何の役にも立たないかもしれないけれど、一生懸命に応援します。

      まりんママさん御自身の体調もお大事にしてください。

      お寄せいただいた本日2通目のメッセージは非公開にさせていただいてます。

  8. より:

    お久しぶりです! 何も変わりない日々で更新も延び延びになっているのかな、と思っていました。 
     末のお嬢さん 三女さんですね。色々と悩みようやく結論を出したのでしょう。それはもうご両親で 大丈夫、心配要らないよ、と手を広げて受け入れてあげなくてはね! しばらく心身を休ませたらまた元気に羽ばたく事でしょう。親元にいるのも良いのではないかしら…

     私も息子が離婚して戻って来る時はやはり緊張しました。夫婦だけの時間割りの出来た中に、若い子が、と自分の生活サイクルの変化が心配でした。
     でも我が子ですもの。すぐに慣れました。 

    数日前 母のホームで会った末の妹宅が同じでした。三十半ばの息子がしばらく厄介になって良い? と言って来たそうです。会社辞めた、マンションも引き払う、仕事は目処が立ってる、とそれだけ。妹はせっせと息子の部屋を片付け迎える準備をしてるそうです。
     心配もお有りでしょうが、ちゃんとなる様になりますよ! 親子でちょっと賑やかな生活を楽しんで下さいね。

     母は相変わらずです。ペースト状の食事を美味しいと食べるので救われます。
    兄妹でせっせと通って世話をしてます。

     渋谷のディゴは今年も咲きました。更に枝が切られて小さくなってたけどお花はしっかり咲いてました。久しぶりにお話し出来て良かった!

  9. まりんママ より:

    ご無沙汰しております。
    GW中のブログでは不調とのこと。よくなりましたか?
    エネルギーがある時はいいのですが、私など仕事のあと疲れてしまいその疲れを持ち越してしまうのでマズイなぁと思うのですが、疲れってどうやって取るんだっけ?な日々です。

    娘さんたちが実家に集られる時の様子は本当に幸せそうでケーキのこと黒柴ちゃんのこと羨ましいなぁと お逢いしたことのない皆さんを脳裏に描きながら参加させてもらってます。
    お花さんたちどの子もきれい。声をかけてお世話されてるから余計に生き生きしてるんですね。
    もうすぐ野菜たちも収穫の時ですかね?
    わが家も今年こそミニトマトくらいは…と思いつつ苗買ってないことに今頃気づいてしまいました。

    花の名前はわからないのですが今朝 整形外科に自転車漕いでいた時道路の端に白い花びらたくさんのお花がたくさん咲いてて癒されました。
    休みの今日はゆっくりしちゃおうと思います。

    お元気になっていること祈ります。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© 風の色 , 2016 All Rights Reserved.