犬も人も淋しがり

1月に誕生日を迎える娘が4泊5日で帰ってきていた。

年末も正月もまとまった休みがなかったので、今回まとめて休めたようだ。

次女は、義母宅で黒柴のワンちゃんと住んでいる。

そのワンちゃんも連れて帰ってくるので、我が家には末娘の赤柴ちゃんと合わせて二匹のワンちゃんが・・・

三人の娘達はとても仲が良いので示し合わせて集まった。

大人5人とワンちゃん2匹の大家族になるものだからそれはそれは賑やかだった。

言葉を変えればやかましいとも言う?

 

 

わたしは、毎日両手いっぱい買い物してきては、せっせとキッチンに立ちおかず作りに精をだす日々であった。

過ぎてみれば、そんな日々もあっという間で、

今日の昼過ぎに次女は、あれやこれやと持ってきたリュックに食料を詰め込み、黒柴ちゃんと一緒に

「またね」と帰っていった。

やれやれ・・・・

忙しかった。

 

「来て良し帰って良し」というのがどこぞやの孫の話しらしいが、娘もワンちゃんもそんな感じか・・・。

なんて建前で言ってはみても、一人の家に帰っていく娘がなんとなく不憫に思えてくる。

しかしのしかし、娘は一人で淋しいと思ったことはないと断言するほど強い子で、一体誰の子だと思うのだけど、

実は、親のわたしが一番淋しいのだろうな。

 

それにしても、ワンちゃんの生態というのも摩訶不思議だ。

ここ数日間、二匹のワンちゃん達はじゃれているのか喧嘩しているのか、

どっちにしても片時も離れなかったのは確かだ。

マウントを取り合いながらもやっぱりお互いに大好きで大好きで・・・という感じだったのかもしれない。

 

片方がいなくなると寂しさがこみ上げてきたのか、うちの赤柴ちゃん。

猫のようにコタツにもぐりこんで出てこない。

ワンちゃんの世界もなかなか悩ましいものだ。

 

義母宅から大量の球根類を持ち帰ったのが三年前のことだ。

昨年は全く咲かなかった水仙が、

 

 

今年は花開いた。

 

少しうつむき加減の花首で

何を想う・・。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ささやかな暮らしへ にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ